Skip to main content

Brooklyn Elementary School Using WordEngine!

Young students in Brooklyn New York are using WordEngine to increase their vocabulary!
ニューヨーク、ブルックリンでは子供たちがワードエンジンを使って英単語の学習をしています!


Hello, I am Guy Cihi of Lexxica (top left of photo). I recently visited an elementary school in Brooklyn New York where students ranging from age 8 to 13 are using WordEngine to increase their vocabulary.  

Their VCheck scores average about 1800 words, which is not so different from first year Japanese college students. Unlike Japanese students, these young Brooklyn students prefer using the Word Panic games and they were surprised to learn that Japanese students prefer Flash Words. I explained the weekly goal requirements and the relative speed advantage of Flash Words, and they nodded their heads wisely to show understanding.

These students are recent immigrants to America from Europe and South America.  They all have a favorable impression of Japan and they seemed a little disappointed that I was not actually a Japanese person. One boy asked me if I could speak Japanese and when I replied "mochiron" all their faces lit up with big smiles.  Then the boy got up and ran out of the room. (He is the second from the right with the cute expression.)  I wasn't sure why he left the room suddenly. Maybe he needed to use the toilet?

A little while later the boy came back dragging a classmate behind him.  He announced in a big voice, "This the only Japanese student at our school, you must talk Japanese to each other!"  So we had a nice little chat in Japanese and international peace was achieved, well at least for just one summer day in Brooklyn New York.

The spring semester in Japan is almost over.  Please enjoy your summer break.


Guy Cihi
CEO, Lexxica


こんにちは。レキシカのCEOガイ・スィーヒです(写真左上)。
私は最近ニューヨークのブルックリンにある小学校を訪問しました。そこでは8歳から13歳までの生徒が英単語を増やすためにワードエンジンを使っています。

彼らのVCheckスコアは平均して1800語です。これは日本の大学1年生のレベルに近い単語力です。日本の大学生とは違い、ブルックリンの生徒たちはフラッシュワードではなくワードパニックで学習しています。日本の大学生はフラッシュワードの方を好んで利用していることを伝えると生徒たちは驚いていました。週間ゴールのことやフラッシュワードの学べるスピードを説明すると納得した様子で賢くうなずいていました。

これらの生徒たちはヨーロッパと南アメリカからアメリカへ最近きた移民です。彼ら全員が日本に好意的な印象を持ち、私が実際には日本人ではないことに少しがっかりしていました。
男の子が日本語がしゃべれるか質問してきたので、日本語で「もちろん」と答えると皆笑顔になり嬉しそうな顔をしました。するとその男の子は急に教室から飛び出しました(右から2番目のかわいい表情の子です)。急に教室を飛び出した理由はわかりませんでした。トイレにいきたかったのかな?

その後男の子はクラスメイトを連れて戻ってきました。大きな声で「この子はこの学校唯一の日本人の生徒なんだよ、2人で日本語でしゃべって!」と。
私たちは日本語でのちょっとしたおしゃべりをして、少なくともここブルックリンニューヨークでは、ひと夏のこの日に国際平和が達成されました。

日本の春学期はもうすぐ終わりです。夏休みを楽しんでください。

株式会社レキシカ
CEO ガイ・スィーヒ

Comments